Ferretアクセス解析

メタボ「知っている」87%…食育に関する意識調査

「メタボ「知っている」87%…食育に関する意識調査」の有益情報をお届け!

最近の日本の現状解析日記

ここにブログ全体で狙うキーワードを含んだ文章を書いてください(40文字まで)

2008年05月04日

メタボ「知っている」87%…食育に関する意識調査

でも「食事・運動」継続3割止まり

 内閣府は3日、「食育に関する意識調査」の結果を発表した。「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)について、意味まで知っていた人の割合は87・6%で、2007年3月の前回調査から10・3ポイント増加し、政府が06年に策定した食育推進基本計画で、8割以上に周知するという数値目標を初めて上回った。

 調査は、全国の成人男女3000人を対象に2〜3月に実施し、1745人から回答を得た。有効回収率は58・2%だった。

 認知度アップの背景には、健康志向の高まりや4月から40〜74歳を対象とする「特定健診・保健指導」(メタボ健診)制度がスタートしたことなどがあると見られる。ただ、メタボリックシンドロームの予防・改善のための食事や運動について、「半年以上継続している」と回答した人は30・3%にとどまった。

 食生活に関する悩みや不安を感じている人は44・3%で、不安の内訳は「食品の安全性」が81・0%と最も高く、続いて「家族の健康」50・7%、「自分の健康」46・4%の順だった。

(2008年5月4日 読売新聞)


【コメント】

メタボリックシンドロームという言葉自体は、すでに
3年以上前から、健康雑誌では一部が取り上げている
程度であったが、近年は誰もが知っている(意味まで
知っていた人の割合は87・6%)と言っていいほど
浸透してきている。

ただ、意味まで知っているとしても、自分がメタボリック
シンドロームであると自覚し、改善までしている人達
の割合は(メタボリックシンドロームの予防・改善のための
食事や運動について、「半年以上継続している」と回答した人は
30・3%にとどまった。)3割程度しかない。

これは、わかってはいても、いざ食事療法だとか
流行のダイエット食品やダイエット法などを試してみるものの
なかなか長続きしない。

やはり、食事自体がアメリカナイズされて、いったん身に付いた
食生活をそう簡単に変えることは、大変な努力が必要になる。

しかし、メタボリックシンドローム自体が病気ではないので、
自覚症状もなく、なんら生活に支障がないので、なかなか
改善しようとしないのが本音ではないのだろうか。

ただ、メタボリックシンドロームの中で一番重要なのは
内臓脂肪が増えているということである。この内臓脂肪
が体の中でいろいろ悪さをする。もちろん血管の中に
脂肪が多すぎると、血管壁に脂肪がつき、血液の流れを
悪くし、血栓が出来て、心筋梗塞、脳梗塞などの引き金
になるし、難しい表現はここでは省くが、糖尿病の
原因にもなる。

高血圧は”サイレントキラー”といわれ、ほとんど
自覚症状もなく、突然もろくなった血管が破裂し
死に至ることもある。

一番の原因はやはり”肥満”が一番良くないので、
おへその周りが男性なら85cm、女性なら90cm
以上なら、真剣にダイエットに取り組むことがまず
必要だと思います。

後で”あの時に...”と悔いることがないように
なによりも、早く決断して、早く行動に移せば、
大事に至ることだけは避けられますので、是非皆さんも
本当に気をつけて下さい。

----PR--------------------------------------

 ┏A8.net━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…┓
┏┫◎○        ピックアッププログラム        ○◎┣┓
┃┗…‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…┛┃
        夏前には申込殺到の注目プログラム!!!

  ☆━┓★━┓☆━┓★━┓☆━┓★━┓☆━┓★━┓ ☆━┓
  ┃成┃┃果┃┃報┃┃酬┃┃5┃┃6┃┃0┃┃0┃ ┃円┃
  ┗━★┗━☆┗━★┗━☆┗━★┗━☆┗━★┗━☆ ┗━★
          スリムビューティハウス
 _________________________________

     
           《体験コースラインナップ》
     ★骨盤ダイエットpremiumコース(70分体験2,000円)
     ★整体美顔premiumコース(70分体験5,000円)






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

メタボリックシンドローム
Excerpt: メタボリックシンドロームってどんなものなのか、どれくらいの人たちが理解しているのだろうね… 「メタボ」「メタボおやじ」「メタボ体型」… 略語や造語がどんどん出来ていく一方だが、肝心のメタボリッ..
Weblog: 素晴らしい日々〜Splendid days
Tracked: 2008-05-04 23:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。