Ferretアクセス解析

「冬ソナ」パク・ヨンハさん死亡、自宅で首つる

「「冬ソナ」パク・ヨンハさん死亡、自宅で首つる」の有益情報をお届け!

最近の日本の現状解析日記

ここにブログ全体で狙うキーワードを含んだ文章を書いてください(40文字まで)

2010年06月30日

「冬ソナ」パク・ヨンハさん死亡、自宅で首つる

【ソウル=仲川高志】韓国のテレビドラマ
「冬のソナタ」に出演した人気俳優で歌手の
パク・ヨンハさん(32)が30日早朝、
ソウル市内の自宅で死亡しているのが見つかった。

韓国の警察当局は自殺とみて調べている。

聯合ニュースによると、自室で、
コードで首をつった状態で死亡しているのを
母親が発見。

パクさんは、末期の胃がん患者である父親を看病しており、
睡眠薬を服用していたという。

パクさんは1994年にドラマデビュー。

「冬のソナタ」で女優チェ・ジウさん演じる
ユジンの婚約者を好演するなど、
韓流ブームの火付け役の一人だった。




【コメント】

僕も「冬ソナ」に、はまっていた一人である。

土曜日の11時前になると、
テレビの前に釘付けになっていたものだ。

こんな、純愛があるものかと、
当時は随分、物議をかもし出したものだ。

そこから、韓流ブームが始まった。

そして、「冬ソナ」の後の「チャングムの誓い」も
高い視聴率を維持し、そのブームが大きく広がった。

韓国語を習う人々が増え、
40〜60代くらいの女性たちが随分韓国のスター達に
熱をあげていたのを思い出す。

その韓流ブームの走りである「冬ソナ」では、
ヒロイン「ユジン」の婚約者の役をこなし、
また、歌手としても名をはせた、パク・ヨンハ(32)が
今日6月30日の午前5時30分頃に、自宅で
死亡していたのが見つかった。

なんとも早い「死」である。

まだ、32歳だ。

俳優としても歌手としても、「これから」という時に、、、

「死にたい」という想いにさせられるのは、
相当な心理的なプレッシャーがかかった時にしか
感じないものだ。

僕も、「うつ病」を経験して、大きな挫折を味わい
何度も「死にたい」と思った。

だから、その気持ちになる心理状態が
どんなに大きな苦しみだったかはわかる気がする。

ただ、本当の苦しみは本人にしかわからない。

もう、彼は戻ってこないが、
只々、ご冥福を祈るばかりである。
posted at 21:37
カテゴリー:日記
エントリー:「冬ソナ」パク・ヨンハさん死亡、自宅で首つる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。