Ferretアクセス解析

琴光喜、賭博関与認める=15日の理事会で処分協議

「琴光喜、賭博関与認める=15日の理事会で処分協議」の有益情報をお届け!

最近の日本の現状解析日記

ここにブログ全体で狙うキーワードを含んだ文章を書いてください(40文字まで)

2010年06月14日

琴光喜、賭博関与認める=15日の理事会で処分協議

週刊誌で野球賭博をしていると報じられていた
大相撲の大関琴光喜(34)=本名田宮啓司、
佐渡ケ嶽部屋=が、賭博とのかかわりを
認めたことが14日、分かった。

琴光喜がこの日までに日本相撲協会に申告した。

琴光喜は週刊誌上で、野球賭博の常連客になっており
暴力団関係者と金銭トラブルを抱えているなどと伝えられた。

相撲協会への申告で琴光喜は、
関与した賭博に暴力団が介在していたかどうかは
明らかにしていない。

協会は15日に臨時理事会を開き、
本人から改めて事情を聴いた上で処分を検討する。 




【コメント】

相撲の世界のことは、深くはわからない。

ただ、最近のスキャンダルにはあきれ返るばかりだ。

朝青龍の問題、弟子を暴行し死亡させた事件しかり、
八百長問題、大麻、暴力団、野球賭博、、、

一体、何をやっているのか?


先日、ある報道番組を見ていたら、
評論家の方が言っていた言葉が印象に残っている。

「15歳で相撲の世界に入り、そのまま、関取になり
親方になり、世間から隔離された世界で生きてきている為に、
常識が分かっていない。」

「隔離された世界だからこそ、外部理事を置いているのに
その外部理事に報告をしないのでは、何の為に置いているのか
意味がわからない。」

まあ、おっしゃるとおりだ。

何の為の相撲協会なのか?
何の為の理事会なのか?

もうちょっと、目を光らせていても
いいのではないだろうか?

これ以上、不祥事が続くようなら、
相撲協会自体、新たに外部団体を入れて
監視するシステムを作らないといけないのではないのか?

これ以上って。

すぐに作らないといけないかもね。

posted at 21:40
カテゴリー:日記
エントリー:琴光喜、賭博関与認める=15日の理事会で処分協議
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。