Ferretアクセス解析

堀ちえみ、2度目離婚…電話「10分」で

「堀ちえみ、2度目離婚…電話「10分」で」の有益情報をお届け!

最近の日本の現状解析日記

ここにブログ全体で狙うキーワードを含んだ文章を書いてください(40文字まで)

2010年06月13日

堀ちえみ、2度目離婚…電話「10分」で

レント、堀ちえみ(43)が12日夕、都内で会見し、
2000年に再婚したフリーの雑誌編集者(43)と
10日に離婚したことを発表した。

価値観の違いが原因で1年半前から別居していた。

夢を追い続ける夫に「私がサポートできなかった」
と目に涙をためて告白。

離婚協議は電話、しかも、わずか10分で終わったという。
5人(4男1女)の子供の親権は堀が持つ。

 「これで良かったと思います」

堀にとって2度目となってしまった離婚報告会見。

スッキリした表情で会場に入ってきたものの、
10年間の夫婦生活を振り返るたび、その目には涙が浮かんだ。

堀によると、アウトドア系雑誌の出版社に務めていた夫が
3年前に独立。

フリーで仕事を始めると、
週3回ペースで東京で仕事をする堀とのすれ違い生活が続くように。

1年半ほど前から、夫が大阪市内の自宅近くの事務所に住み込み、
別居生活になったという。

夫が出ていった原因の一つには価値観の違いを挙げ、
「私は仕事も家庭もがむしゃらに頑張っていきたいタイプ。
彼は大きなロマンを持っていて、
夢を果たしたい(と思っている)」といい、
「私がサポートできなかった。小さなズレが積み重なった」と説明。

夫の浮気や“妻高夫低”の収入差による影響は否定した。

別居中は「修復を図ろうと話し合ってきた」というが、
不安定な環境を続けていくことに
「これ以上、家族に迷惑かけられない」と9日深夜に夫に電話。

離婚協議は10分間で終わったといい、
「ビックリ。10分で済むとは思ってなかったので」
とあっけない幕切れを振り返った。

離婚届は翌10日、堀の実父が同市内の区役所に提出した。

堀は89年2月、医師と結婚し、
3児をもうけるも99年に離婚。

離婚調停中だった97年ごろから前夫と交際を始めた。

元夫との間の男児は現在、大学2年、高校3年、2年に。
前夫との間には小学4年の男児と小学2年の女児がおり、
「子供たちは『分かった』って」と表情をくもらせた。

親権は堀が持つ。

3回目の結婚については、「もう結婚は考えたくないですね。
2回目もダメってことは人間的にダメなんじゃないかと。
それが一番情けない」と苦笑。

「失敗を繰り返しましたけど、
子供たちのために一生懸命頑張ります」と、
ママさんタレントとして強く生きていくことを誓っていた。

http://www.youtube.com/watch?v=QGbKDXaxWC8&feature=channel


【コメント】

芸能界という特別な”職場”では、
仕事と家庭の両立は難しいといえるかもしれない。

今までも、どれだけ、
同じようなパターンで離婚したカップルがいたか。

どちらかが、芸能活動を自粛するとか
家庭がある以上、特に妻となる女性の立場は
非常に難しいだろう。

ましてや、子供がいれば、
仕事上においては、当然”制約”がかけられる。

ご両親やご親戚などの協力がなければ
出来ないことだ。

それでも、「芸能界」という舞台は
捨てられないほど、魅力的なのだろう。

凡人の、僕にとっては、「理解できない世界」である。

posted at 21:12
カテゴリー:日記
エントリー:堀ちえみ、2度目離婚…電話「10分」で
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。